院長ごあいさつ

医療法人社団 医弘会 かわしま内科クリニックは、地域に貢献する医療と透析療法の専門的医療を提供するために開院したクリニックです。

地域の人々から信頼され、明るい雰囲気で患者さんに元気になっていただけるような医療を目指しております。
2021年4月に斎藤先生からかわしま内科クリニック院長を引き継ぎました。

近隣の方々の健康管理、生活習慣病の予防や治療と、腎臓病の患者さんが透析にならないような治療を、さらに残念ながら透析の必要な患者さんが幸せな毎日が送れるような透析管理を行っていきたいと考えております。

最近、糖尿病、高血圧、高尿酸血症といった生活習慣病から腎臓を悪くし、透析になる人が増えています。健康診断やかかりつけの病院で年に1回以上、尿検査、血液検査を行いましょう。

尿異常やクレアチニンの増加が気になる人は、当院へ気軽に受診してください。かかりつけの先生と相談しながら、自治医科大学の腎臓内科外来を10年以上行った経験から、検査や治療法などを提示させて頂き、本人にあった治療法を一緒に考えましょう。

精密検査が必要な場合、自治医大、西部メディカルセンター、新小山市民病院などへご紹介いたします。

患者さんに一生涯寄り添う医療を提供したいという気持ちを持ちながら、スタッフー同、精一杯努力していきたいと思います。

今後ともご支援とご協力のほどよろしくお願い致します。

 

医療法人社団 医弘会 かわしま内科クリック
院長 井 上  真

総合内科専門医
腎臓内科専門医、指導医
透析専門医、指導医