理事長ご挨拶

この度、かわしま内科クリニックの理事長に就任致しました草野英二です。

令和2年は年明け早々から新型コロナ感染症に揺れていますが、筑西・下妻地区の皆様にとりましても大変つらい時間を過ごされていることと思います。
「朝の来ない夜はない」と言いますので、遅かれ早かれコロナ問題は収束すると思いますが、よく言われていますように「正しく恐れて」3蜜状態を作らないような生活習慣を励行して頂きたいと思います。

茨城県は人口10万人当たりの医師数が全国でも少ない県で埼玉県に次いで全国最下位から2番目です。その中でも筑西・下妻地区は茨城県の中でもワースト2位で、日本でも屈指の医療過疎地域と言われております。従いまして、かわしま内科クリニックは自治医大や筑波大学、また近隣の病院やクリニックなどと連携して、筑西・下妻地区の地域医療にいささかでも貢献できればと考えております。

さて、当院は昨年から医療法人医弘会になりましたが、医弘会の名前の由来を説明させて頂きます。医はもちろん“医療”を意味しておりますが、“い”と読みますので、ここでは「イイ=良い」という意味も込めています。そして、弘は“広める”という意味と同時に人々のために献身的に仏教を広めた “弘法大師”の弘に由来しております。つまり、全体として「いい医療を遍く広める」という意味を込めました。

今後、かわしま内科クリニックは透析医療を継続・維持していくとともに透析に至る原因疾患である糖尿病、慢性腎炎、高血圧などの診療にも精力的に取り組んで参ります。地域の皆様のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

令和2年4月吉日

医療法人社団医弘会 かわしま内科クリニック
理事長 草 野 英 二

 

【略歴】

昭和49年3月  東北大学医学部卒業
昭和51年5月  自治医科大学病院研修
昭和56年7月  米国メーヨークリニック留学
平成5年5月   自治医科大学助教授(腎臓内科)
平成14年4月  自治医科大学教授(腎臓内科)
平成22年4月  自治医科大学附属病院 副病院長
平成26年4月  ジェーコーうつのみや病院 院長
令和2年3月   ジェーコーうつのみや病院 名誉院長

【専門分野】

内科学、腎臓病学、透析医学、腎臓リハビリテーション医学

【著書】

腎臓病から見えた老化の秘密、
腎臓病は体内浄化すればよくなっていく
健康365掲載記事多数

ごあいさつ